» 2020 » 2月のブログ記事

トリキュラー21のような低用量ピルは避妊効果だけでなく、生理を早めたり遅らせることができます。
今回はトリキュラー21を使って生理を遅らせる飲み方を紹介したいと思います。

生理を遅らせるためには、女性ホルモンが減ってくる時に、補う必要があります。
そのためには、整理が来そうな日の5日前からトリキュラーを服用すれば、
飲んでいる間は生理を止めることができます。

飲むのは何色?と思う方もいるでしょう。
生理を遅らせる際に飲むのは最も多くのホルモンを含んでいる黄色の錠剤です。
すでにトリキュラー21を服用している場合は、次の新しいシートから生理を遅らせたい分だけ
黄色の錠剤を持ってきて遅らせたい日数分だけ服用します。

遅らせることができるのは最大でも10日間程度です。

服用をやめたら大体2日後に生理が始まります。
生理を遅らせることに成功したら、次のシートの1錠目からまた服用を再開します。
(その後も服用を続ける場合のみ。移動するだけならそのまま服用を終了させる)

生理を遅らせたとしても基本的には変更した生理日から1か月後にまた生理がやってきます。
10日以上遅らせたい場合は、反対に生理日を早める飲み方のほうがおすすめです。

どちらにしても、生理が始まっている状態だと意味がないので、
手元にトリキュラー21を持っている状態がベストです。

参考:トリキュラー21 通販